3件中 1-3件表示

KATOKENとのコラボレーション

Bradley x KATOKEN

触って時間を知る、視力に頼らず時間が確認できる「さわる時計 Bradley」から限定コラボレーションモデルが誕生しました。見える、見えないに関係なく好きなことをして、夢に向かって進むのは皆同じ。加藤健人は来年に予定されている世界舞台で活躍するブラインドサッカー選手です。<Bradley x Katoken>はオシャレを楽しむカトケンの日常と来年にむけて彼の想いを込めた、世界で日本にしかない限定コラボレーションモデルです。

‘普通に’オシャレを楽しむ彼は「さわる時計 Bradley」のコレクターでもあります。触る時計を6種類も持っていて、その日の気分やコーデに合うモデルをつけるんだそう。オシャレでかっこいいし、全ての人を含むデザインから触る時計を愛用するようになったといいます。元々「さわる時計 Bradley」の誕生も‘障がい有る無しにかかわらず、全ての人を含むデザインこそいいデザイン’という哲学から始まりました。今回のコラボレーションはカトケンのファッションに対しての愛情、そして2021年の世界舞台にむけての意志を込めました。

あだ名で‘カトケン’と呼ばれている加藤健人はブラインドサッカー選手です。小学校3年生の頃からサッカーを初めたカトケンはJリーガーが夢でしたが、高校生の時、遺伝性の病気で徐々に視力が低下しました。‘この先何もできないんじゃないか’と不安な気持ちで毎日を過ごしていた彼の人生を変えてくれたのはブラインドサッカーとの出会いでした。加藤健人選手は2007年日本代表として選出された以降、主力選手として活躍しています。


KBTとのコラボレーション

Bradley x KBT

KBT(Kilimanjaro Blind Trust)は東アフリカの視覚障がい児童に教育の機会を与えることで子供達の自立を支援する団体です。インクルーシブデザインを追求するEoneとKBTのコラボレーションから生まれたBradley x KBTはその収益の一部をKBTが行なっている点字タイプライターの修理や、一年分の点字用紙購入に充てさせております。

今まで16,500台の点字タイプライターを修理し、50トンの点字専用用紙を供給、東アフリカ全域に渡って170人の技術者を育てました。点字を学ぶことで視覚障がい児童はよりいい職場につき、自立への一歩を踏み出すことができます。

キリマンジャロの夕陽からインスピレーションを受けた鮮やかなオレンジの革ストラップは時間とともに手首にフィットし、落ち着いたオレンジ色に変わっていきます。


Dezeenとのコラボレーション

Bradley x Dezeen

2006年ロンドンで始まったDezeenは建築、インテリア、デザインを主題にした世界的に権威のあるメディアです。そのDezeenとのコラボレーションで生まれたのかこのBradley x Dezeen。

デザイナーズ時計ストアの始発とも言えるイギリスのDezeen Watch Storeが選別したBradley x Dezeenはミニマルで洗練されたオールブラックにシルバーのインデックスで個性を出しました。

使いやすい形の柔らかいイタリアンレザーストラップはその裏にDezeenのロゴが刻まれています。

ラインナップ


ブランドサイト&SNS

リンクをチェック

メールアドレス登録

最新情報をご希望の方はメールアドレスをご登録ください。